森羅万象とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

森羅万象

「森羅万象のことわり」などのように使う「森羅万象」という言葉。

「森羅万象」は、音読みで「しんらばんしょう」と読みます。

「森羅万象」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「森羅万象」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

森羅万象の意味

「森羅万象」には次の意味があります。

宇宙に存在する一切のもの。あらゆる事物・現象。(出典:デジタル大辞泉)

「森羅万象」をわかりやすく言うと「世の中にあるすべての物事」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

森羅万象の何ものも特別扱いしないことで、科学は発展してきたのである。
(出典:茂木健一郎『意識とはなにか ―〈私〉を生成する脳』)

森羅万象ことごとくを自分の物差しで計るとなると、これは大変である。
(出典:養老孟司『脳の見方』)

・私は結局、森羅万象にそういう意外性を期待して生きている。
(出典:竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 04 暇つぶし編TIPS&お疲れ様会』)

・自然現象といっても、いろいろあるが、昔はそれらを森羅万象という言葉で表現した。 
(出典:湯川秀樹『この地球に生れあわせて』)

・そしてそれは宇宙の森羅万象に比べては、ほんの局限された一部分に過ぎない。 
(出典:石原莞爾『最終戦争論』)

スポンサーリンク

類語

万有ばんゆう
意味:宇宙に存在するすべてのもの。ありとあらゆるもの。(出典:大辞林 第三版)

天地万物てんちばんぶつ
意味:天地の間にあるすべてのもの。(出典:精選版 日本国語大辞典)

万象ばんしょう
意味:さまざまの形。形あるすべてのもの。(出典:デジタル大辞泉)

万物ばんぶつ
意味:あらゆるもの。宇宙に存在するすべてのもの。(出典:デジタル大辞泉)

天地あめつち
意味:宇宙。世界。世の中。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました