一文字

スポンサーリンク
一文字

骸とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

骸 「死んでしまえば、みな骸になる」などのように使う「骸」という言葉。「骸」は、訓読みで「むくろ」、音読みでは「がい」と読みます。「骸」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「骸」の意味や使い方や類語について、小説などの...
一文字

鬼とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

鬼 『週刊少年ジャンプ』より連載された人気作品『鬼滅の刃』。この『鬼滅の刃』に登場する敵役が「鬼」と呼ばれる生き物です。 「鬼」は、訓読みで「おに」と読みます。 「鬼」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記...
一文字

虜とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

虜 「恋の虜になる」などのように使う「虜」という言葉。 「虜」は、訓読みで「とりこ」と読みます。 「虜」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「虜」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介し...
一文字

痣とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

痣 「痣ができた」などのように使う「痣」という言葉。「痣」は、訓読みで「あざ」と読みます。「痣」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「痣」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説して...
一文字

殿とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

殿 「殿を務める」などのように使う「殿」という言葉。 「殿」は、訓読みで「しんがり」と読みます。 「殿」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「殿」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介し...
一文字

汀とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

汀 「汀に辿り着く」などのように使う「汀」という言葉。「汀」は、訓読みで「みぎわ」と読みます。「汀」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「汀」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説...
一文字

唖とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

唖 「唖のように黙っていた」などのように使う「唖」という言葉。「唖」は、訓読みで「おし」と読みます。「唖」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「唖」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやす...
一文字

移ろいとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

移ろい 「季節の移ろい」などのように使う「移ろい」という言葉。「移ろい」は、訓読みで「うつろい」と読みます。「移ろい」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「移ろい」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しな...
一文字

噂とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

噂 「有名人の噂」などのように使う「噂」という言葉。 「噂」は、訓読みで「うわさ」と読みます。 「噂」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「噂」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して...
一文字

魂とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

魂 「魂を込める」などのように使う「魂」という言葉。「魂」は、訓読みで「たましい」と読みます。「魂」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「魂」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました