ことわざ・慣用句

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句

水魚の交わりとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

水魚の交わり 「水魚の交わりの2人」などのように使う「水魚の交わり」という言葉。「水魚の交わり」は、音読みで「すいぎょのまじわり」と読みます。「水魚の交わり」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「水魚の交わり」の意味や...
ことわざ・慣用句

梨のつぶてとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

梨のつぶて 「いつまで経っても梨のつぶて」などのように使う「梨のつぶて」という言葉。「梨のつぶて」は、訓読みで「なしのつぶて」と読みます。「梨のつぶて」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「梨のつぶて」の意味や使い方や...
ことわざ・慣用句

朝三暮四とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

朝三暮四 「朝三暮四の世」などのように使う「朝三暮四」という言葉。「朝三暮四」は、音読みで「ちょうさんぼし」と読みます。「朝三暮四」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「朝三暮四」の意味や使い方や類語について、小説など...
ことわざ・慣用句

顔が広いとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

顔が広い 「あの人は顔が広い」などのように使う「顔が広い」という言葉。「顔が広い」は、訓読みで「かおがひろい」と読みます。「顔が広い」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「顔が広い」の意味や使い方や類語について、小説な...
ことわざ・慣用句

うだつが上がらないとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

うだつが上がらない 「うだつが上がらない人」などのように使う「うだつが上がらない」という言葉。「うだつが上がらない」は、「うだつがあがらない」と読みます。「うだつが上がらない」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「うだ...
ことわざ・慣用句

賽は投げられたとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

賽は投げられた 「すでに賽は投げられた」などのように使う「賽は投げられた」という言葉。 「賽は投げられた」は「さいはなげられた」と読みます。「賽は投げられた」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「賽は投げられた」...
ことわざ・慣用句

犬猿の仲とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

犬猿の仲 「あの二人は犬猿の仲だ」などのように使う「冬瓜」という言葉。「犬猿の仲」は、「けんえんのなか」と読みます。「犬猿の仲」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「犬猿の仲」の意味や使い方や類語について、小説などの用...
ことわざ・慣用句

蜘蛛の子を散らすとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

蜘蛛の子を散らす 「蜘蛛の子を散らすように逃げる」などのように使う「蜘蛛の子を散らす」という言葉。「蜘蛛の子を散らす」は、訓読みで「くものこをちらす」と読みます。「蜘蛛の子を散らす」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では...
ことわざ・慣用句

矯めつ眇めつとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

矯めつ眇めつ 「壷を矯めつ眇めつ眺める」などのように使う「矯めつ眇めつ」という言葉。「矯めつ眇めつ」は、訓読みで「ためつすがめつ」と読みます。「矯めつ眇めつ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「矯めつ眇めつ」の意味や...
ことわざ・慣用句

板につくとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

板につく 「芸が板につく」などのように使う「板につく」という言葉。「板につく」は、訓読みで「いたにつく」と読みます。「板につく」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「板につく」の意味や使い方や類語について、小説などの用...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました