ことわざ・慣用句

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句

立ち振る舞いとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

立ち振る舞い 「立ち振る舞いが美しい」などのように使う「立ち振る舞い」という言葉。「立ち振る舞い」は、訓読みで「たちふるまい」と読みます。「立ち振る舞い」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「立ち振る舞い」の意味や使い...
ことわざ・慣用句

立ち居振る舞いとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

立ち居振る舞い 「立ち居振る舞いが美しい」などのように使う「立ち居振る舞い」という言葉。「立ち居振る舞い」は、訓読みで「たちいふるまい」と読みます。「立ち居振る舞い」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「立ち居振る舞い...
ことわざ・慣用句

大目に見るとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

大目に見る 「多少の失敗は大目に見る」などのように使う「大目に見る」という言葉。「大目に見る」は、訓読みで「おおめにみる」と読みます。「大目に見る」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「大目に見る」の意味や使い方や類語...
ことわざ・慣用句

息を呑むとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

息を呑む 「美しさに息を呑む」などのように使う「息を呑む」という言葉。「息を呑む」は、訓読みで「いきをのむ」と読みます。「息を呑む」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「息を呑む」の意味や使い方や類語について、小説など...
ことわざ・慣用句

御託を並べるとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

御託を並べる 「御託を並べるのはやめろ」などのように使う「御託を並べる」という言葉。 「御託を並べる」は、「ごたくをならべる」と読みます。「御託を並べる」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「御託を並べる」の意味...
ことわざ・慣用句

多様性とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

多様性 「多様性に富む」などのように使う「多様性」という言葉。「多様性」は、音読みで「たようせい」と読みます。「多様性」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「多様性」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介し...
ことわざ・慣用句

象牙の塔とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

象牙の塔 「象牙の塔にこもる」などのように使う「象牙の塔」という言葉。 「象牙」は、音読みで「ぞうげ」と読みます。 「象牙の塔」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「象牙の塔」の意味や使い方や類語に...
ことわざ・慣用句

良薬は口に苦しとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

良薬は口に苦し 「先生の言うことは良薬は口に苦しだ」などのように使う「良薬は口に苦し」という言葉。「良薬は口に苦し」は「りょうやくはくちににがし」と読みます。「良薬は口に苦し」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「良薬...
ことわざ・慣用句

馬の耳に念仏とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

馬の耳に念仏 「彼女に何を言っても馬の耳に念仏だ」などのように使う「馬の耳に念仏」という言葉。「馬の耳に念仏」は「うまのみみにねんぶつ」と読みます。「馬の耳に念仏」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「馬の耳に念仏」の...
ことわざ・慣用句

魚心あれば水心とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

魚心あれば水心 「魚心あれば水心というように彼女も意識してくれるに違いない」などのように使う「魚心あれば水心」という言葉。「魚心あれば水心」は「うおごころあればみずごころ」と読みます。「魚心あれば水心」とは、どのような意味の言葉でし...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました