連語

スポンサーリンク
連語

言葉の綾とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

言葉の綾 「それは言葉の綾だ」などのように使う「言葉の綾」という言葉。「言葉の綾」は、音読みで「ことばのあや」と読みます。「言葉の綾」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「言葉の綾」の意味や使い方や類語について、小説な...
ことわざ・慣用句

媚びを売るとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

媚びを売る 「彼が上司に媚を売っている」などのように使う「媚びを売る」という言葉。 「媚びを売る」は「こびをうる」と読みます。 「媚びを売る」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「媚びを売る」の意味...
ことわざ・慣用句

気に掛けるとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

気に掛ける 「私を気に掛けてくれる上司」などのように使う「気に掛ける」という言葉。 「気に掛ける」は「きにかける」と読みます。 「気に掛ける」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「気に掛ける」の意味...
連語

往々にしてとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

往々にして 「往々にしてよくあること」などのように使う「往々にして」という言葉。「往々にして」は正確には「往往にして」と書きますが、音読みで「おうおうにして」と読みます。「往々にして」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事で...
連語

煮え切らないとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

煮え切らない 「煮え切らない会話」などのように使う「煮え切らない」という言葉。「煮え切らない」は、訓読みで「にえきらない」と読みます。「煮え切らない」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「煮え切らない」の意味や使い方や...
名詞

押し問答とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

押し問答 「押し問答を続ける」などのように使う「押し問答」という言葉。「押し問答」は、「押し」を訓読み、「問答」を音読みで「おしもんどう」と読みます。「押し問答」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「押し問答」の意味や...
ことわざ・慣用句

矯めつ眇めつとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

矯めつ眇めつ 「壷を矯めつ眇めつ眺める」などのように使う「矯めつ眇めつ」という言葉。「矯めつ眇めつ」は、訓読みで「ためつすがめつ」と読みます。「矯めつ眇めつ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「矯めつ眇めつ」の意味や...
ことわざ・慣用句

虫の知らせとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

虫の知らせ 「虫の知らせを感じた」などのように使う「虫の知らせ」という言葉。「虫の知らせ」は、訓読みで「むしのしらせ」と読みます。「虫の知らせ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「虫の知らせ」の意味や使い方や類語につ...
連語

べからずとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

べからず 「立ち入るべからず」などのように使う「べからず」という言葉。「べからず」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「べからず」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます...
形容詞

そこはかとないとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

そこはかとない 「そこはかとなく感じる」などのように使う「そこはかとない」という言葉。「そこはかとない」は、訓読みで「そこはかとない」と読みます。「そこはかとない」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「そこはかとない」...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました