動詞

スポンサーリンク
動詞

微睡むとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

微睡む 「うとうとと微睡む」などのように使う「微睡む」という言葉。「微睡む」は、音読みで「まどろむ」と読みます。「微睡む」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「微睡む」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介...
動詞

蔑むとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

蔑む 「相手を蔑む」などのように使う「蔑む」という言葉。「蔑む」は、訓読みで「さげすむ」と読みます。「蔑む」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「蔑む」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかり...
動詞

省みるとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

省みる 「自分を省みる」などのように使う「省みる」という言葉。「省みる」は、訓読みで「かえりみる」と読みます。「省みる」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「省みる」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介し...
動詞

拒むとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

拒む 「彼は拒んだ」などのように使う「拒む」という言葉。「拒む」は、訓読みで「こばむ」と読みます。「拒む」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「拒む」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりや...
動詞

欺くとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

欺く 「相手を欺く」などのように使う「欺く」という言葉。「欺く」は、訓読みで「あざむく」と読みます。「欺く」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「欺く」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかり...
動詞

謙るとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

謙る 「謙ったものの言い方」などのように使う「謙る」という言葉。「謙る」は、訓読みで「へりくだる」と読みます。「謙る」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「謙る」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しなが...
動詞

馴染むとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

馴染む 「周囲と馴染む」などのように使う「馴染む」という言葉。「馴染む」は、訓読みで「なじむ」と読みます。「馴染む」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「馴染む」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しなが...
二字熟語

失念とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

失念 「失念しておりました」などのように使う「失念」という言葉。「失念」は、音読みで「しつねん」と読みます。「失念」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「失念」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら...
動詞

呪いとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

呪い 「呪い」などのように使う「呪い」という言葉。「呪い」は、訓読みで「まじない」または「のろい」と読みます。「呪い」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「呪い」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しなが...
動詞

差し支えとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

差し支え 「差し支えない」などのように使う「差し支え」という言葉。「差し支え」は、訓読みで「さしつかえ」と読みます。「差し支え」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「差し支え」の意味や使い方や類語について、小説などの用...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました