二字熟語

スポンサーリンク
二字熟語

揺曳とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

揺曳 「濃いもやが揺曳している」などのように使う「揺曳」という言葉。 「揺曳」は、音読みで「ようえい」と読みます。 「揺曳」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「揺曳」の意味や使い方について、小説な...
二字熟語

手袋とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

手袋 「寒いので手袋をはめる」などのように使う「手袋」という言葉。 「手袋」は、訓読みで「てぶくろ」と読みます。 「手袋」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「手袋」の意味や使い方について、小説など...
二字熟語

寒波とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

寒波 「寒波が押し寄せる」などのように使う「寒波」という言葉。 「寒波」は、音読みで「かんぱ」と読みます。 「寒波」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「寒波」の意味や使い方について、小説などの用例...
二字熟語

大志とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

大志 「少年よ大志を抱け」などのように使う「大志」という言葉。 「大志」は、音読みで「たいし」と読みます。 「大志」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「大志」の意味や使い方について、小説などの用例...
二字熟語

宵闇とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

宵闇 「宵闇が深まる」などのように使う「宵闇」という言葉。 「宵闇」は、訓読みで「よいやみ」と読みます。 「宵闇」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「宵闇」の意味や使い方について、小説などの用例を...
二字熟語

夜叉とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

夜叉 「夜叉のような形相」などのように使う「夜叉」という言葉。 「夜叉」は、音読みで「やしゃ」と読みます。 「夜叉」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「夜叉」の意味や使い方について、小説などの用例...
二字熟語

文月とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

文月 「文月の夜」などのように使う「文月」という言葉。 「文月」は、訓読みで「ふみづき」と読みます。 「文月」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「文月」の意味や使い方について、小説などの用例を紹介...
二字熟語

問屋とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

問屋 「お魚の問屋」などのように使う「問屋」という言葉。 「問屋」は、音読みで「とんや」または「といや」と読みます。 「問屋」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「問屋」の意味や使い方について、小説...
二字熟語

卸売とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

卸売 「果物の卸売」などのように使う「卸売」という言葉。 「卸売」は、訓読みで「おろしうり」と読みます。 「卸売」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「卸売」の意味や使い方について、小説などの用例を...
二字熟語

卯月とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

卯月 「卯月の夜」などのように使う「卯月」という言葉。 「卯月」は、「うづき」と読みます。 「卯月」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「卯月」の意味や使い方について、小説などの用例を紹介して、わか...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました