スポンサーリンク
動詞

敬うとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

敬う 「相手を敬う」などのように使う「敬う」という言葉。 「敬う」は、訓読みで「うやまう」と読みます。 「敬う」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「敬う」の意味や使い方や類語について、小説など...
二字熟語

流儀とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

流儀 「仕事の流儀」などのように使う「流儀」という言葉。「流儀」は、音読みで「りゅうぎ」と読みます。 「流儀」とはどのような意味の言葉でしょうか? この記事では「流儀」の意味や使い方について、小説などの用例を紹介しながら...
形容動詞

穏やかとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

穏やか 「穏やかな性格」などのように使う「穏やか」という言葉。「穏やか」は、訓読みで「おだやか」と読みます。「穏やか」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「穏やか」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しな...
二字熟語

精進とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

精進 「精進料理」などのように使う「精進」という言葉。 「精進」は、音読みで「しょうじん」と読みます。 「精進」は、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「精進」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介...
形容動詞

明らかとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

明らか 「火を見るよりも明らか」などのように使う「明らか」という言葉。「明らか」は、訓読みで「あきらか」と読みます。「明らか」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「明らか」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を...
カタカナ語

エトセトラとは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

エトセトラ 「渚にまつわるエトセトラ」などのように使う「エトセトラ」という言葉。ラテン語では「et cetera」と表記します。「エトセトラ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「エトセトラ」の意味や使い方や類語につい...
二字熟語

豪傑とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

豪傑 「彼の豪傑ぶりには驚かされる」などのように使う「豪傑」という言葉。「豪傑」は、読みで「ごうけつ」と読みます。「豪傑」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「豪傑」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介し...
二字熟語

着服とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

着服 「資金の着服」などのように使う「着服」という言葉。 「着服」は、音読みで「着服」と読みます。 「着服」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「着服」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を...
二字熟語

遺産とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

遺産 「遺産相続」などのように使う「遺産」という言葉。「遺産」は、音読みで「いさん」と読みます。「遺産」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「遺産」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやす...
形容詞

騒々しいとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

騒々しい 「騒々しい場所」などのように使う「騒々しい」という言葉。「騒々しい」は、音読みで「そうぞうしい」と読みます。「騒々しい」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「騒々しい」の意味や使い方や類語について、小説などの...
二字熟語

永劫とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

永劫 「永劫の時間」などのように使う「永劫」という言葉。「永劫」は、音読みで「えいごう」と読みます。「永劫」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「永劫」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかり...
二字熟語

忸怩とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

忸怩 「忸怩たる思い」などのように使う「忸怩」という言葉。「忸怩」は、音読みで「じくじ」と読みます。「忸怩」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「忸怩」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかり...
二字熟語

彫刻とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

彫刻 「彫刻をつくる」などのように使う「彫刻」という言葉。「彫刻」は、音読みで「ちょうこく」と読みます。「彫刻」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「彫刻」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わ...
ことわざ・慣用句

蛍雪の功とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

蛍雪の功 「蛍雪の功を積む」などのように使う「蛍雪の功」という言葉。「蛍雪の功」は、音読みで「けいせつのこう」と読みます。「蛍雪の功」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「蛍雪の功」の意味や使い方や類語について、小説な...
二字熟語

傾向とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

傾向 「文章の傾向」などのように使う「傾向」という言葉。「傾向」は、音読みで「けいこう」と読みます。「傾向」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「傾向」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかり...
二字熟語

炎症とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

炎症 「炎症反応」などのように使う「炎症」という言葉。「炎症」は、音読みで「えんしょう」と読みます。「炎症」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「炎症」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかり...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました