斜に構えるとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

斜に構える

「素直になれず斜に構える」などのように使う「斜に構える」という言葉。

「斜に構える」は、「しゃにかまえる」と読みます。

「斜に構える」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「斜に構える」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

斜に構えるの意味

「斜に構える」には次の意味があります。

 物事に正対しないで、皮肉やからかいなどの態度で臨む。(出典:デジタル大辞泉)

「斜に構える」はもともと、剣道で「刀を斜めに構える」という意味の言葉ですが、転じて現在では「からかいなどの態度で臨む」という意味で使うことが多いです。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

斜に構えているし言葉遣いも投げやりな感じはあるが、育ちはいいはずだ。
(出典:鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 4』)

・ちょっと斜に構えたイタリア人の友人が口にしたジョークを、ふと思い出した。
(出典:田丸公美子『パーネ・アモーレ イタリア語通訳奮闘記』)

・だからいい客が来たときは、決して斜に構えた迎え方などしない。
(出典:半村良『セルーナの女神』)

・しかし、私は、斜にかまえて何もせずに薄笑っているわけにはいかないのだ。
(出典:皆川博子『聖女の島』)

・別に斜に構えているわけではなく、当たり前のことをただ口にしているだけといった様子である。
(出典:貫井徳郎『天使の屍』)

スポンサーリンク

類語

捻くれる(ひねくれる)
意味:性質・考え方などがねじけて素直でなくなる。(出典:デジタル大辞泉)

偏屈(へんくつ)
意味:性質がかたくなで、素直でないこと。(出典:デジタル大辞泉)

シニカル
意味:皮肉な態度をとるさま。冷笑的。嘲笑(ちょうしょう)的。シニック。(出典:デジタル大辞泉)

天邪鬼(あまのじゃく)
意味:何事でも人の意にさからった行動ばかりをすること。また、そのようなさまやそのような人。(出典:精選版 日本国語大辞典)

拗ねる(すねる)
意味:すなおに人に従わないで、不平がましい態度をとる。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました