ギャラクシーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ギャラクシー

「ギャラクシーへの探求心」などのように使う「ギャラクシー」という言葉。

英語では「galaxy」と表記します。

「ギャラクシー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ギャラクシー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ギャラクシーの意味

「ギャラクシー」には次の意味があります。

銀河。(出典:デジタル大辞泉)

「ギャラクシー」という言葉は、「銀河」という意味から、様々な商品の名前に使用されたり、賞などで規模の大きさを表したり、様々な場面で使用されています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

ギャラクシー級の装備を整えた宇宙船。

ギャラクシーへの探求が尽きない人類。

ギャラクシー賞とは、放送文化の質的な向上を志して作られた賞だ。

類語

銀河(ぎんが)
意味:恒星と星間物質などからなる大集団。恒星に次ぐ宇宙の最も基本的な構造。(出典:知恵蔵)

銀河系(ぎんがけい)
意味:太陽系を含む多数の恒星を主体とする天体の集団。(出典:デジタル大辞泉)

星雲(せいうん)
意味:雲や煙のようにみえる星間ガスの塊からなる天体。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

天の川(あまのがわ)
意味:晴れた夜空に帯状に見える無数の恒星の集まり。地球から銀河系の内側を見た姿で、夏から秋に最もよく見える。(出典:デジタル大辞泉)

小宇宙(しょううちゅ)
意味:楕円状や渦巻状で宇宙に点々と存在する星雲。恒星や星間物質の集合体で銀河系を含めることもある。宇宙は無数の小宇宙から構成されると考えられている。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました