land

スポンサーリンク
カタカナ語

ドッペルゲンガーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

ドッペルゲンガー 「ドッペルゲンガーを見てしまった」などのように使う「ドッペルゲンガー」という言葉。ドイツ語では「Doppelgänger」と表記します。「ドッペルゲンガー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「ドッペ...
カタカナ語

シンクタンクとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

シンクタンク 「私はシンクタンクに勤めています」などのように使う「シンクタンク」という言葉。英語は「think tank」と表記します。「シンクタンク」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「シンクタンク」の意味や使い方...
形容動詞

虚しいとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

虚しい 「虚しい気持ちになった」などのように使う「虚しい」という言葉。「虚しい」は、訓読みで「むなしい」と読みます。「虚しい」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「虚しい」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を...
カタカナ語

パトロンとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

パトロン 「新参のヴァイオリニストのパトロンは著名な経営者だ。」などのように使う「パトロン」という言葉。英語では「patron」と表記します。「パトロン」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「パトロン」の意味や使い方や...
名詞

量産とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

量産 「量産型ファッション」などのように使う「量産」という言葉。「量産」は、音読みで「りょうさん」と読みます。「量産」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「量産」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しなが...
ことわざ・慣用句

三つ子の魂百までとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

三つ子の魂百まで 「三つ子の魂百までを地で行く性格」などのように使う「三つ子の魂百まで」という言葉。「三つ子の魂百まで」は、「みつごのたましいひゃくまで」と読みます。「三つ子の魂百まで」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事...
二字熟語

鎮座とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

鎮座 「この神社には天照大神が鎮座する」などのように使う「鎮座」という言葉。「鎮座」は、音読みで「ちんざ」と読みます。「鎮座」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「鎮座」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹...
名詞

憧れとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

憧れ 「アイドルに憧れる」などのように使う「憧れ」という言葉。「憧れ」は、訓読みで「あこがれ」と読みます。「憧れ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「憧れ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、...
二字熟語

誤植とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

誤植 「誤植だらけの本」などのように使う「誤植」という言葉。「誤植」は、音読みで「ごしょく」と読みます。「誤植」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「誤植」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わ...
カタカナ語

ペテン師とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

ペテン師 「ペテン師に騙される」などのように使う「ペテン師」という言葉。「ペテン師」は、「師」を音読みで「ぺてんし」と読みます。「ペテン師」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「ペテン師」の意味や使い方や類語について、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました