開始とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

開始

「試合を開始する」などのように使う「開始」という言葉。

「開始」は、音読みで「かいし」と読みます。

「開始」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「開始」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

開始の意味

「開始」には次の意味があります。

物事を始めること。また、物事が始まること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「開」と「始」はどちらも「はじめる」を意味する漢字であり、「開始」は同じ意味の漢字を重ねた二字熟語です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ただいまよりトマス・ローソン博士へのインタビューを開始いたします。
(出典:アーサー・C・クラーク『渇きの海』)

・今夜中に行動開始だ。
(出典:シェイクスピア/福田恆存訳『ヘンリー四世』)

・かれらは逃げる気配などまったく見せず、一気に攻撃を開始してきた。
(出典:A・バートラム・チャンドラー『銀河辺境シリーズ(全25巻) 9 黄金の星間連絡艇』)

・有力な家柄の人間たちは皇帝の地位を求めてすでに作戦を開始している。
(出典:エディングス『ベルガリアード物語2 蛇神の女王』)

・いますぐに行動を開始しなければならない。
(出典:ウェルズ/赤坂長義訳『月世界最初の人間』)

スポンサーリンク

類語

始める(はじめる)
意味:物事を行っていない状態から行う状態にする。行いだす。(出典:デジタル大辞泉)

発動(はつどう)
意味:うごきだすこと。活動をはじめること。おこること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

発足(ほっそく)
意味:活動を始めること。団体や会議などが設けられ、活動し始めること。はっそく。(出典:精選版 日本国語大辞典)

開基(かいき)
意味:物事のもとを開くこと。基礎を築くこと。(出典:デジタル大辞泉)

幕開き(まくあき)
意味:物事の始まり。まくあけ。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました