kento_1513

スポンサーリンク
二字熟語

睥睨とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

睥睨 「天下を睥睨する」などのように使う「睥睨」という言葉。「睥睨」は、音読みで「へいげい」と読みます。「睥睨」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「睥睨」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わ...
二字熟語

当選とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

当選 「当選する」などのように使う「当選」という言葉。「当選」は、音読みで「とうせん」と読みます。「当選」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「当選」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりや...
二字熟語

感情とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

感情 「感情」などのように使う「感情」という言葉。「感情」は、音読みで「かんじょう」と読みます。「感情」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「感情」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやす...
二字熟語

胡乱とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

胡乱 「胡乱な者がうろついている」などのように使う「胡乱」という言葉。「胡乱」は、音読みで「うろん」と読みます。「胡乱」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「胡乱」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しな...
二字熟語

懸想とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

懸想 「ひそかに懸想している」などのように使う「懸想」という言葉。「懸想」は、音読みで「けそう」または「けしょう」と読みます。「懸想」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「懸想」の意味や使い方や類語について、小説などの...
二字熟語

彷徨とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

彷徨 「晩秋の野を彷徨する」などのように使う「彷徨」という言葉。「彷徨」は、音読みで「ほうこう」と読みます。「彷徨」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「彷徨」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら...
二字熟語

怯懦とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

怯懦 「己の怯懦を恥じる」などのように使う「怯懦」という言葉。「怯懦」は、音読みで「きょうだ」と読みます。「怯懦」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「怯懦」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、...
二字熟語

疾駆とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

疾駆 「疾駆するスポーツカー」などのように使う「疾駆」という言葉。「疾駆」は、音読みで「しっく」と読みます。「疾駆」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「疾駆」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら...
連語

べからずとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

べからず 「立ち入るべからず」などのように使う「べからず」という言葉。「べからず」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「べからず」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます...
ことわざ・慣用句

大目に見るとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

大目に見る 「多少の失敗は大目に見る」などのように使う「大目に見る」という言葉。「大目に見る」は、訓読みで「おおめにみる」と読みます。「大目に見る」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「大目に見る」の意味や使い方や類語...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました