遵守とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

遵守

「古い伝統を遵守する」などのように使う「遵守」という言葉。

「遵守」は、音読みで「じゅんしゅ」と読みます。
「そんしゅ」とは読みません。

「遵守」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「遵守」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

遵守の意味

「遵守」には次の意味があります。

・法律や道徳・習慣を守り、従うこと。循守。(出典:デジタル大辞泉)

「遵守」の「遵」は筋道を外れない、規則に従うということを意味し、「守」は守ることを意味するため、「遵守」は法律や道徳、習慣などの筋道から外れず、規則を守って、それに従うことを指す言葉となります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・法律の保護を与えないのであるから、人民は法律を遵守する義務がない。
(出典:大鹿卓『渡良瀬川』)

・しかし、もしそうなら、彼の以後のあの厳密な決定遵守は説明されない
(出典:加藤典洋『敗戦後論』)

・見たところ明らかに彼女はひとつの儀式を遵守して執行なっていたのである。
(出典:ベルグ/行方未知訳『イマージュ』)

・いつもはすぐに命令を遵守する部下達が、一人も動こうとしなかった。
(出典:吉野匠『レイン1 雨の日に生まれた戦士』)

・それが立憲政治というものであり、天皇はそれを遵守しつづけてきた。
(出典:半藤一利『聖断 天皇と鈴木貫太郎』)

類語

・遵行(じゅんぎょう)
意味:命令・きまりなどに従って行うこと。(出典:デジタル大辞泉)

・順守(じゅんしゅ)
意味:法律・道徳・道理などにしたがい、それを守ること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・即応(そくおう)
意味:状況・情勢にあてはまること。(出典:デジタル大辞泉)

・コンプライアンス(こんぷらいあんす)
意味:要求や命令への服従。(出典:デジタル大辞泉)

・順従(じゅんじゅう)
意味:さからわず、素直に従うこと。従順。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました