該当とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

該当

「該当する」などのように使う「該当」という言葉。

「該当」は、音読みで「がいとう」と読みます。

「該当」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「該当」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

該当の意味

「該当」には次の意味があります。

ある条件・資格などに、当てはまること。(出典:デジタル大辞泉)

「該当」をわかりやすく言うと「よくあてはまること」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・誰に合図しているのかと振り返ってみたが、該当するような相手はいない。
(出典:吉野匠『レイン5 武闘会、開幕』)

・つまり、それが外国船でさえあれば、あらゆる船が該当してしまうのだ。
(出典:山田正紀『氷河民族(流氷民族)』)

・それでも三日後には各ホテルから次のような該当名が捜査本部へ送られてきた。
(出典:森村誠一『高層の死角』)

・この年表の該当箇所には五月鎌倉大地震とだけしか書かれていない。
(出典:新田次郎『新田義貞(上)』)

・でも、私たちが覚えていた身体的特徴は、採石場の会社の誰にも該当しなかった。
(出典:竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 外伝 猫殺し編』)

類語

適合(てきごう)
意味:よくあてはまること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

適応(てきおう)
意味:ある条件や要求などにあうこと。あてはまること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

即応(そくおう)
意味:情勢にぴったりあてはまること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

見合う(みあう)
意味:つりあう。対応する。(出典:デジタル大辞泉)

相応しい(ふさわしい)
意味:似つかわしい。つり合っている。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました