目に余るとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

目に余る

「彼の言動は目に余る」などのように使う「目に余る」という言葉。

「目に余る」は、訓読みで「めにあまる」と読みます。

「目に余る」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「目に余る」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

目に余るの意味

「目に余る」には次の意味があります。

程度がひどくて黙って見ていられないほどである。(出典:デジタル大辞泉)

「目に余る」の元の意味は「数が多くて視界に収まらない」こと。わかりやすく言うと、悪い意味で相手の素行が悪くて、文句が言いたい見過ごせないことを言い表した慣用句です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・我々だとて内心では今のご改革が目に余るものだと感じている。
(出典:高橋克彦『だましゑ歌麿』)

・ 学校側もよほど目に余る行為がないかぎり、見て見ぬ振りをしている。
(出典:森村誠一『ミッドウェイ』)

・それにしても、目に余るほど成績の落ちている支店が五か店もある。
(出典:山田智彦『銀行 男たちのサバイバル』)

・ちか子の疲れた顔が目に余ったのだろう、清水がコーヒーを持ってきてくれた。
(出典:宮部みゆき『クロスファイア下巻』)

・最近のお前の行動は目に余るものがある。
(出典:井上堅二『バカとテストと召喚獣 04』)

類語

甚だしい(はなはだしい)
意味:普通の度合いをはるかに超えている。(出典:デジタル大辞泉)

とんでもない
意味:とほうもない。思いもかけない。意外である。もってのほかである。(出典:精選版 日本国語大辞典)

度を過ごす(どをすごす)
意味:適切な程度以上に物事をする。ふつうよりもやりすぎる。度を越す。(出典:デジタル大辞泉)

無茶苦茶(むちゃくちゃ)
意味:まったく筋道のたたないこと。道理をかえりみないこと。また、そのさま。めちゃくちゃ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ひどい
意味:程度が非常に悪い。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました