torimayu73

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句

虫の居所が悪いとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

虫の居所が悪い 「朝から、虫の居所が悪い」などのように使う「虫の居所が悪い」という言葉。「虫の居所が悪い」は、訓読みで「むしのいどころがわるい」と読みます。「虫の居所が悪い」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「虫の居...
ことわざ・慣用句

胸を張るとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

胸を張る 「胸を張って故郷へ帰る」などのように使う「胸を張る」という言葉。「胸を張る」は、訓読みで「むねをはる」と読みます。「胸を張る」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「胸を張る」の意味や使い方や類語について、小説...
ことわざ・慣用句

目に余るとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

目に余る 「彼の言動は目に余る」などのように使う「目に余る」という言葉。「目に余る」は、訓読みで「めにあまる」と読みます。「目に余る」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「目に余る」の意味や使い方や類語について、小説な...
ことわざ・慣用句

猫を被るとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

猫を被る 「猫を被っておとなしかった」などのように使う「猫を被る」という言葉。「猫を被る」は、訓読みで「ねこをかぶる」と読みます。「猫を被る」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「猫を被る」の意味や使い方や類語について...
ことわざ・慣用句

まな板の鯉とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

まな板の鯉 「まるでまな板の鯉のような気分だ」などのように使う「まな板の鯉」という言葉。「まな板の鯉」は、訓読みで「まないたのこい」と読みます。「まな板の鯉」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「まな板の鯉」の意味や使...
ことわざ・慣用句

旧交を温めるとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

旧交を温める 「同窓会であった友と旧交を温める」などのように使う「旧交を温める」という言葉。「旧交を温める」は、「旧交」が音読み、「温める」が訓読みで「きゅうこうをあたためる」と読みます。「旧交を温める」とは、どのような意味の言葉で...
ことわざ・慣用句

鼻を明かすとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

鼻を明かす 「いつも自慢している友達の鼻を明かす」などのように使う「鼻を明かす」という言葉。「鼻を明かす」は、訓読みで「はなをあかす」と読みます。「鼻を明かす」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「鼻を明かす」の意味や...
ことわざ・慣用句

鼻が高いとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

鼻が高い 「テストで満点を取ったので鼻が高い」などのように使う「鼻が高い」という言葉。「鼻が高い」は、訓読みで「はながたかい」と読みます。「鼻が高い」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「鼻が高い」の意味や使い方や類語...
ことわざ・慣用句

立て板に水とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

立て板に水 「あの人は立て板に水のように話しだすと止まらない」などのように使う「立て板に水」という言葉。「立て板に水」は、訓読みで「たていたにみず」と読みます。「立て板に水」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「立て板...
ことわざ・慣用句

あられもないとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

あられもない 「あられもない姿」などのように使う「あられもない」という言葉。「あられもない」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「あられもない」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました