熟慮とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

熟慮

「熟慮して決定する」などのように使う「熟慮」という言葉。

「熟慮」は、音読みで「じゅくりょ」と読みます。

「熟慮」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「熟慮」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

熟慮の意味

「熟慮」には次の意味があります。

十分に考えること。じっくり考えること。 (出典:大辞林 第三版)

色々なことを考えにいれて、念入りに検討することを指します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そして自身もしばらく腰を下して、この事態を熟慮することにしました。
(出典:佐藤正彰訳『千一夜物語 05』)

・方角と相手と雰囲気を熟慮した結果、やはりそれは俺の名前なのだろう。
(出典:入間人間『電波女と青春男 第03巻』)

・こみいった思考はやはり文章を読んで熟慮しなければ理解できない
(出典:阿刀田高『まじめ半分』)

・まあ、たとえ熟慮のあげくこの選択肢にしぼったんじゃないにしてもね。
(出典:ポー/安引宏訳『モルグ街の殺人』)

熟慮した末のことだと言うが、吟子からみると短慮としか思えない。
(出典:渡辺淳一『花埋み』)

類語

熟考(じゅっこう)
意味:念を入れてよく考えること。(出典:デジタル大辞泉)

推して知るべし(おしてしるべし)
意味:どうなるか、または、どういうことであるかは推量して知ることができる。想像してみればわかるだろう。(出典:精選版 日本国語大辞典)

思案(しあん)
意味:思いめぐらすこと。深く考えること。また、その考え。分別。よい考え、工夫の意にもいう。(出典:精選版 日本国語大辞典)

考察(こうさつ)
意味:物事を明らかにするために、よく調べて考えをめぐらすこと。(出典:デジタル大辞泉)

思索(しさく)
意味:論理的に筋道を立てて考えること。思惟。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました