焦るとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

焦る

「気が焦る」などのように使う「焦る」という言葉。

「焦る」は、訓読みで「あせる」と読みます。

「焦る」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「焦る」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

焦るの意味

「焦る」には次の意味があります。

早くやろう、うまくやろうと思っていらいらする。 (出典:大辞林 第三版)

「焦る」」は、「気持ちばかりが急いでいる、落ち着かない様子」を意味します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

焦るあまり、枕元のなにかを倒してガタンと音をたててしまった。
(出典:久美沙織『小説 エマ 2』)

・ もう一七歳だと焦る気持ちと、まだ一七歳だと安心する気持ちが交差する。
(出典:綿矢りさ『インストール』)

・言葉のことをいわれた時は焦ったが、女のほうが勝手に納得してくれた。
(出典:千葉暁『アルス・マグナ3 大いなる秘法 碧眼の女神』)

・自分の力作に十分な自信を持っていて、俺のように決して焦っていない。
(出典:菊池寛『無名作家の日記』)

・なんか、町全体が何かにひどく焦ってイライラしているような気がする。
(出典:永沢光雄『風俗の人たち』)

スポンサーリンク

類語

苛立つ(いらだつ)
意味:気持ちがいらいらして、じっとしていられなくなる。(出典:デジタル大辞泉)

気が急く(きがせく)
意味:早くしようと気持ちがはやる。気があせる。(出典:デジタル大辞泉)

逸る(はやる)
意味:早く実現させたくて気持ちばかりあせる。(出典:大辞林 第三版)

待ち遠しい(まちどおしい)
意味:待つ間が長くて、じれったく思う。早く来ればいいとしきりに思う。(出典:大辞林 第三版)

切羽詰る(せっぱつまる)
意味:ある事態などが間近に迫ってどうにもならなくなる。身動きがとれなくなる。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました