感謝とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

感謝

「心から感謝する」などのように使う「感謝」という言葉。

「感謝」は、音読みで「かんしゃ」と読みます。

「感謝」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「感謝」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

感謝の意味

「感謝」には次の意味があります。

ありがたいと思う気持ちを表すこと。また、その気持ち。(出典:デジタル大辞泉)

仕事では上司や取引先に「ありがとうございます」を「感謝いたします」に言い換えるとより丁寧な表現になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・皆僕のことを思ってしてくれてるんだから、僕はただ感謝している。
(出典:豊島与志雄『好意』)

・私はここでそういう人々の名前をあげて感謝の意を述べたいような気がする。
(出典:寺田寅彦『亮の追憶』)

・とにかく人から感謝されると云ふことは決して悪い気持ではないのだ。
(出典:葉山嘉樹『万福追想』)

・いつも感謝の念をもって当時を思い返すことの出来る自分は幸運であった。
(出典:中谷宇吉郎『寺田先生の追憶』)

・あなたのおかげでいろいろないいものを読まれることを感謝いたします。
(出典:倉田百三『青春の息の痕』)

スポンサーリンク

類語

奉謝(ほうしゃ)
意味:お礼を申しあげること。(出典:デジタル大辞泉)

謝意(しゃい)
意味:感謝の気持ち。(出典:デジタル大辞泉)

有難さ(ありがたさ)
意味:ありがたいこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

畏まり(かしこまり)
意味: 感謝の言葉。お礼。(出典:デジタル大辞泉)

謝恩(しゃおん)
意味:受けた恩に対する感謝の気持ちを表すこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました