天命とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

天命

「天命を見つける」などのように使う「天命」という言葉。

「天命」は、音読みで「てんめい」と読みます。

「天命」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「天命」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

天命の意味

「天命」には次の意味があります。

天から与えられた命令のことで,運命と使命の両義をもつ。(出典:百科事典マイペディア)

「天命」をわかりやすく言うと「この仕事をするために自分は生まれてきた」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・自分の天命、持って生まれた運命が、その仕事によって生かされるとと深く感じること。
(出典:大川隆法『幸福の法』)

・おまえのように生じるものもあれば、天命が尽きて消滅するものもいる。
(出典:津守時生『漂泊の神 抄伝 (The Beans 1)』)

・私は天命が私を待っているところに、それを見出しに行かねばなりませぬ。
(出典:佐藤正彰訳『千一夜物語』)

・このように死を迎えるなら、それは天命なのだとギュスターヴは思っていた。
(出典:ベニー松山『終末をもたらす者 (Sa・Ga FrontierII)』)

・あなたの天命に書かれていること以外、何ごとも起らぬでありましょうぞ。
(出典:佐藤正彰訳『千一夜物語』)

類語

使命感(しめいかん)
意味:自分に課せられた任務を果たそうとする気概。(出典:デジタル大辞泉)

宿星(しゅくせい)
意味:占星術などにおける、人ひとりひとりの運命や根源的性質を司る星。(出典:実用日本語表現辞典)

運命(うんめい)
意味:人間の意志を超越して人に幸、不幸を与える力。(出典:デジタル大辞泉)

天の配剤(てんのはいざい)
意味:機会や人のあり方などが、自然の成り行きとは思えないほど適切に廃されているさまを示す表現。(出典:実用日本語表現辞典)

果報(かほう)
意味:前世での行いの結果として現世で受ける報い。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました