大目に見るとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

大目に見る

「多少の失敗は大目に見る」などのように使う「大目に見る」という言葉。

「大目に見る」は、訓読みで「おおめにみる」と読みます。

「大目に見る」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「大目に見る」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

大目に見るの意味

大目に見るには次の意味があります。

人の過失や悪いところなどを厳しくとがめず寛大に扱う。(出典:デジタル大辞泉)

「大目に見る」は「許容する」という意味で使われます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・もし通じていても、そのために大目に見てやりはしなかったであろう。
(出典:ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』)

・映画館はすいているし、少しくらい仕事をなまけても大目に見てくれる。
(出典:星新一『きまぐれ星のメモ』)

・しかし、それと共に殺さない限りは何をやっても大目に見てもらえるとも。
(出典:鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第7巻』)

・係の人がNEXUSのファンということで大目に見てもらったのだ。
(出典:川島誠『ロッカーズ』)

・男の顔に泥塗るやうな事さへせぬかぎり大抵のことは大目に見てやるがよし。
(出典:永井荷風『矢はずぐさ』)

スポンサーリンク

類語

温情(おんじょう)
意味:あたたかで情け深い心。また、情け深くあたたかなさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

許容(きょよう)
意味:本来は許せないことを、大目に見て許すこと。許して容認すること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

情けをかける(なさけをかける)
意味:情を含んだことばをかける。いたわる。かわいがる。また、あわれみをかける。あわれんで助けてやる。(出典:精選版 日本国語大辞典)

恩赦(おんしゃ)
意味:行政権によって公訴権を消滅させ、あるいは刑の言い渡しの効果の全部または一部を消滅させること。大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除、および復権の5種がある。(出典:デジタル大辞泉)

勘弁(かんべん)
意味:他人の過失や要求などを許してやること。堪忍。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました