嘘も方便とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

嘘も方便

「嘘も方便と言うだろう」などのように使う「嘘も方便」という言葉。

「嘘も方便」は、「うそもほうべん」と読みます。

「嘘も方便」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「嘘も方便」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

嘘も方便の意味

「嘘も方便」には次の意味があります。

嘘は罪悪ではあるが、よい結果を得る手段として時には必要であるということ。(出典:デジタル大辞泉)

「方便」は「手段」という意味の言葉です。
良い結果を得るためなど、場合によっては嘘も手段になり得ることを「嘘も方便」と言います。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

嘘も方便だと、自分で弁解していた。
(出典:松本清張『波の塔(上)』)

・ここは嘘も方便でごまかすしかないだろう。
(出典:奈須きのこ『月姫 アルクェイド・ブリュンスタッド』)

・しかし仏の方には嘘も方便という逃げ道がある。
(出典:今村信雄編『古典落語(上)』)

嘘も方便とばかりに、平気で口からでまかせ を言うような男だが、「今は信用してもいい」とカイルロッドは思った。
(出典:冴木忍『カイルロッドの苦難 9 思い出はいつまでも』)

・「嘘も方便と言うが、こいつはまあ、タチのいい方便だろうなァ」 と吉川。
(出典:喜多嶋隆『島からのエア・メール』)

スポンサーリンク

類語

正直者が馬鹿を見るしょうじきものがばかをみる
意味:悪賢い者がずるく立ち回って得をするのに反し、正直な者はかえってひどい目にあう(出典:デジタル大辞泉)

虚妄きょもう
意味:事実でないこと。(出典:デジタル大辞泉)

便宜べんぎ
意味:都合のよいこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

絵空事えそらごと
意味:大げさで現実にはあり得ないこと。誇張した表現。(出典:デジタル大辞泉)

ペテン
意味:いつわりだますこと。また、その手段。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました