勇猛果敢とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

勇猛果敢

「勇猛果敢な人」などのように使う「勇猛果敢」という言葉。

「勇猛果敢」は、音読みで「ゆうもうかかん」と読みます。

「勇猛果敢」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「勇猛果敢」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

勇猛果敢の意味

「勇猛果敢」には次の意味があります。

恐れずに思いきって実行すること。(出典:四字熟語を知る辞典)

勇ましく積極的に向かっていく人や集団などを表現するときに、多く用いられています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

勇猛果敢で足が速く、トロイア戦争で大活躍するギリシア神話の英雄。(出典:ゲーテ/森鴎外訳『ファウスト(下)』)

・激しい風に出会った気球は不安な揺れ方をしたが、そのとき勇猛果敢な博士とその仲間とは、目の下に滝の深淵をながめたのだった。(出典:ヴェルヌ/江口清訳『気球旅行の五週間』)

・おまえなんか勇猛果敢な北風の国の騎士なんかなれっこない。(出典:深草小夜子『悪魔の皇子 アストロッド・サーガ』)

・聴衆が恐怖にすくむ中、勇猛果敢な反応を見せたのはステージ上の三高生徒だった。(出典:佐島勤『魔法科高校の劣等生 7 横浜騒乱編 <下>』)

勇猛果敢だが、裏返せば、この段階で既に日本軍はこのような奇襲戦法以外に打つ手がなくなっていたともいえるであろう。(出典:五味川純平『ノモンハン(上)』)

類語

勇敢ゆうかん
意味:勇気があって物事をおしきってすること。勇ましく果断なこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

勇ましいいさましい
意味:意気が盛んで勢いがあり、恐れずに危険や困難に向かっていくさま。(出典:デジタル大辞泉)

正々堂々せいせいどうどう
意味:軍隊などの陣構えが整い、勢いが盛んなさま。(出典:デジタル大辞泉)

命知らずいのちしらず
意味:生命の危険をも考えずに振る舞うこと。また、その人や、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

蹶然けつぜん
意味:勢いよく立ち上がるさま。跳ね起きるさま。また、勢いよく行動を起こすさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました