俊敏とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

俊敏

「俊敏な動き」などのように使う「俊敏」という言葉。

「俊敏」は、音読みで「しゅんびん」と読みます。

「俊敏」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「俊敏」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

俊敏の意味

「俊敏」には次の意味があります。

・才知がすぐれていて判断や行動がすばやいこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

「俊敏」は才能や知識に優れていて常に判断や行動がすばやいことを指しており、似た言葉の「機敏」は状況に応じてすばやく判断して行動することを指します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・信長勢が俊敏な狼だとすれば、この者たちは飾り立てた鈍重な牛である。
(出典:安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(下)』)

・吉田は年齢を感じさせない俊敏な動きで、階段を駆け下りていった。
(出典:東川篤哉『謎解きはディナーのあとで)

・立ち、退り、叩頭までの三つの動作は俊敏で、戦の時の羽女を思わせた。
(出典:黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 3 西戦の巻(下)』)

俊敏な佐兵衛は、ひとが数年かかって習うところを、一年にして習得した。 
(出典:横溝正史『金田一耕助ファイル05 犬神家の一族 v0.9』)

・正確さと俊敏さ、これこそ生身の肉体と引換えに手に入れた最強の武器だ。
(出典:大迫純一『ゾアハンター 02 ウリエルの娘』)

類語

・英明(えいめい)
意味:すぐれて賢いこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

・シャープ(しゃーぷ)
意味:頭のはたらきや動作が鋭いさま。素早く判断できるさま。鋭敏。 (出典:大辞林 第三版)

・抜け目がない(ぬけめがない)
意味:注意深く、やることに抜けたところがない。また、自分の利益になりそうだと見れば、その機会を逃さない(出典:デジタル大辞泉)

・聡明(そうめい)
意味:理解力・判断力がすぐれている・こと(さま)。かしこい・こと(さま)。(出典:大辞林 第三版)

・鋭利(えいり)
意味:才知の鋭いこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました