一念発起とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

一念発起

「一念発起して大学に編入を決めた」などのように使う「一念発起」という言葉。

「一念発起」は、音読みで「いちねんほっき」と読みます。

「一念発起」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「一念発起」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

一念発起の意味

「一念発起」には次の意味があります。

いままでの心を翻して、悟りを開こうと発心すること。転じて、何事でもそれまでの考えを改めて、熱心になること。(出典:四字熟語を知る辞典)

「一念発起」をわかりやすく言うと「思い切って覚悟を決めて行動すること。」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・それは昔からそうだろうし、今になって一念発起したというものではないはずだ。
(出典:雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス2 サイレント・トーク』)

・将来のことを考え、早苗は一念発起してタクシー運転手になったらしい。
(出典:海月ルイ『十四番目の月』)

・群さんの本を読んだのを機に、一念発起し、洗ってみることにした。まずは寝室のカーテンから。
(出典:岸本葉子『マンション買って部屋づくり』)

・でもこれが最後のチャンスなのかもしれないと、一念発起して編入試験を受けることにした。
(出典:西田俊也『love history』)

・恋人も仕事も失った八方ふさがりの状況で一念発起、彼女は突然イタリア留学を決めた。
(出典:田丸公美子『シモネッタのデカメロン イタリア的恋愛のススメ)

類語

腹を括る (はらをくくる)
意味:覚悟を決める。(出典:デジタル大辞泉)

心機一転 (しんきいってん)
意味:あることをきっかけに、気持ちをすっかり入れ替えること。(出典:四字熟語を知る辞典)

奮闘 (ふんとう)
意味:力いっぱい努力すること。(出典:デジタル大辞泉)

英断 (えいだん)
意味:すぐれた決断。(出典:精選版 日本国語大辞典)

踏ん切り (ふんぎり)
意味:思い切って決心すること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました