ストレスとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ストレス

「ストレスが溜まる」などのように使う「ストレス」という言葉。

英語では「stress」と表記します。

「 ストレス 」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「 ストレス 」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ストレス の意味

「 ストレス 」には次の意味があります。

寒冷・外傷・精神的ショックなどによって起こる精神的緊張や生体内の非特異的な防衛反応。また、その要因となる刺激や状況。(出典:デジタル大辞泉)

「ストレス」を分かりやすく言うと「外からの刺激によって引き起こされる心や体の緊張状態」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・社会がある状況にあるときに、ストレスを受けやすい職業があるらしい。
(出典:養老孟司『からだを読む』)

・酒を飲みすぎるのは、その時点でのストレスなどのせいだと思われがちだ。
(出典:澤口俊之『あぶない脳』)

・食事をしながら会社の人の悪口をいうのはいいストレス解消になった。
(出典:群ようこ『別人「群ようこ」のできるまで』)

・お互いに言いたいことを言ってストレスを発散しているのかもしれません。
(出典:麻生佳花『尼は笑う』)

・参加したかったのを無理に抑えたせいかストレスが高じていたのだろう。
(出典:藤原正彦『若き数学者のアメリカ』)

スポンサーリンク

類語

緊迫(きんぱく)
意味:状況などが、非常に差し迫っていること。緊張して、今にも事が起こりそうなこと。(出典デジタル大辞泉:)

緊張(きんちょう)
意味:心やからだが引き締まること。慣れない物事などに直面して、心が張りつめてからだがかたくなること。(出典:デジタル大辞泉)

不満(ふまん)
意味:もの足りなく、満足しないこと。また、そのさまやそう思う気持ち。(出典:デジタル大辞泉)

不服(ふふく)
意味:なっとくしないこと。満足できないこと。不満であること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

歯痒い(はがゆい)
意味:思いどおりにならなくて、いらだたしい。もどかしい。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました