高尚とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

高尚

「高尚な趣味」などのように使う「高尚」という言葉。

「高尚」は、音読みで「こうしょう」と読みます。

「高尚」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「高尚」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

高尚の意味

「高尚」には次の意味があります。

知性や品性の程度が高いこと。気高くて、立派なこと。(出典:大辞林 第三版)

「高尚」とは、学問や言動などの程度が、平均的なレベルをはるかに超えている様子を意味します。
「高尚な趣味」とはつまり、「程度が高く立派な趣味」や「上品な趣味」のことです。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・チョッと複雑過ぎて簡単な題にならんような高尚な事なんだろうと思う。
(出典:夏目漱石『模倣と独立』)

・あの男が高尚らしいようなことを言うかと思うと、私は噴飯ふきだしたくなる。
(出典:島崎藤村『破戒』)

・別に世間の人たちを救いたいなんて高尚な理想を持っているわけではない。
(出典:仁木英之『僕僕先生』)

・彼の弁論が大変高尚であるという印象もやはりぶちこわされてしまった。
(出典:ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(3)』)

・私も友人も詩を書くような高尚な趣味は持ち合わせてはいなかった。
(出典:植松真人『雨のボレックス』)

スポンサーリンク

類語

雅やかみやびやか
意味:上品で優雅なさま。風流なさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

高踏こうとう
意味:気位を高く保つこと。(出典:大辞林 第三版)

孤高ここう
意味:ただひとり、他とかけ離れて高い境地にいること。(出典:大辞林 第三版)

俗離れぞくばなれ
意味:考えや行動などが世間一般の人々とかけ離れていること。(出典:デジタル大辞泉)

高雅こうが
意味:けだかくて優雅なさま。 (出典:大辞林 第三版)

タイトルとURLをコピーしました