韋駄天とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

韋駄天

「韋駄天のような走り」などのように使う「韋駄天」という言葉。

「韋駄天」は、音読みで「いだてん」と読みます。

「韋駄天」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「韋駄天」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

韋駄天の意味

「韋駄天」には次の意味があります。

仏教の天神の一つ。ヒンドゥー教の軍神が仏教に取り入れられて、仏教の守護神になったもの。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

「韋駄天」は、仏教の守護神であり、足が非常に速かったことから、足が速い人のたとえとして使うことが多いです。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・自らどこへ行くとも知らずに韋駄天のように駈けたのである。
(出典:三島由紀夫『金閣寺』)

・彼等の背後を韋駄天の如く走り過ぎた侍がある。
(出典:山中貞雄『中村仲蔵』)

・彼は巨獣の姿が最後に見えた場所へ韋駄天走りにかけつけた。
(出典:バローズ/小西宏訳『火星の幻兵団』)

・入道は韋駄天のように飛んでゆきます。
(出典:山田風太郎『魔群の通過』)

・ゴオーと雨風の音がはげしくなつて、再び韋駄天の姿が見えて来ました。
(出典:土田耕平『天童』)

スポンサーリンク

類語

薬師やくし
意味:薬師仏,薬師如来の略。仏教の仏の一つ(出典:百科事典マイペディア)

如来にょらい
意味:仏教用語。完全な人格者の意で,真理をよく理解して自分のものとし,迷界に下って衆生を救済する仏陀をさす。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

阿弥陀あみだ
意味:極楽浄土にいて衆生を救済するとされる仏。(出典:世界大百科事典 第2版)

駿足しゅんそく
意味:足の速いこと。また、その人。(出典:デジタル大辞泉)

菩薩ぼさつ
意味:仏の位の次にあり、悟りを求め、衆生を救うために多くの修行を重ねる者。
(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました