隔絶とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

隔絶

「隔絶された世界」などのように使う「隔絶」という言葉。

「隔絶」は、音読みで「かくぜつ」と読みます。

「隔絶」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「隔絶」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

隔絶の意味

「隔絶」には次の意味があります。

かけ離れていること。遠くへだたっていること。(出典:デジタル大辞泉)

遠く離れており、関係が絶たれていることを意味します。
「隔絶された世界」は「遠く隔たっている世界」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そういう意味で、村の中心ではあるのだけど、隔絶されているんです。
(出典:小野不由美『屍鬼(上)』)

・両方の出来ごとの間には、時間の一致はあっても空間は隔絶している。
(出典:松本清張『火と汐』)

・間から隔絶するというのは、こういうことなのだと、そんな風にも思った。
(出典:西尾維新『少女不十分』)

・世界が汚染物質によって隔絶されていない世界で戦う英雄の話だ。
(出典:雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス06 レッド・ノクターン』)

・この小社会においては、社長という地位にたいした隔絶感はないらしい。
(出典:野尻抱介『ふわふわの泉』)

スポンサーリンク

類語

隔離かくり
意味:へだたること。(出典:デジタル大辞泉)

遊離ゆうり
意味: 他と離れて存在すること。 (出典:デジタル大辞泉)

隔たるへだたる
意味: 間に距離があって離れる。また、距離ができて離れる。(出典:デジタル大辞泉)

離礁りしょう
意味:船が、のりあげた暗礁から離れること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

遠心えんしん
意味:中心から遠ざかること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました