隆盛とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

隆盛

「隆盛する」などのように使う「隆盛」という言葉。

「隆盛」は、音読みで「りゅうせい」と読みます。

「隆盛」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「隆盛」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

隆盛の意味

「隆盛」には次の意味があります。

勢いが盛んなこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

「隆盛」をわかりやすく言うと、「勢いが強くなって栄える」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・京橋に七階建ての本社を持つ隆盛な事業家の住宅とは、とても思えない。 
(出典:星新一『人民は弱し 官吏は強し』)

・人手が足りないから機械化で補って、生産する会社日本は隆盛を迎えた。
(出典:橋本治『宗教なんかこわくない!』)

・ そもそも、日本の自動車産業は、そういうことで現在の隆盛に至ったのだ。
(出典:星新一『あれこれ好奇心』)

・その十三か月は過ぎたが、フランスの隆盛は日ごとに増大するように見えた。 
(出典:スタンダール/大久保和郎訳『パルムの僧院(上)』)

隆盛を極めた王国都市であってもそんなことはしてくれない。
(出典:支倉凍砂『狼と香辛料Ⅰ (電撃文庫)』)

スポンサーリンク

類語

興隆こうりゅう
意味:勢いが盛んになること。(出典:デジタル大辞泉)

興起こうき
意味:おこりたつこと。勢いが盛んになること。(出典:大辞林 第三版)

繁栄はんえい
意味:勢いがよくて栄えること。 (出典:大辞林 第三版)

繁盛はんじょう
意味:にぎわい大いに栄えること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

隆隆りゅうりゅう
意味:勢いの盛んなさま。 (出典:大辞林 第三版)

タイトルとURLをコピーしました