退廃的とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

退廃的

「不運が続くと、退廃的な気持ちになる」などのように使う「退廃的」という言葉。

「退廃的」は、音読みで「たいはいてき」と読みます。

「退廃的」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「退廃的」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

退廃的の意味

「退廃的」には次の意味があります。

道徳的にくずれて不健全なさま。(出典:デジタル大辞泉)

「退廃的」をわかりやすく言うと「活力がある状態の反対で、不健康で荒んだな人や状況」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・この男の持つ退廃的な雰囲気は陽の下ではひどく浮き上がって見える。
(出典:茅田砂胡『デルフィニア戦記 第8巻 「風塵の群雄」』)

・灰色の空、灰色の建物群に囲まれた退廃的な街。
(出典:谷瑞恵『伯爵と妖精 第10巻 ロンドン橋に星は灯る』)

・この退廃的傾向がルネサンス式と呼ばれるものである。
(出典:ユゴー/辻昶,松下和則訳『ノートルダム・ド・パリ(上)』)

・あの後藤という店長は温厚だし、店の雰囲気も退廃的ではない。
(出典:賀東招二『フルメタル・パニック!短編集4 同情できない四面楚歌?』)

退廃的な本の優れた審美的価値に関するかぎり、愛書家の主張が優位に立つ可能性がある。
(出典:ヴェブレン/高哲夫訳『有閑階級の理論 ―制度の進化に関する経済学的研究』)

類語

ミステリアス
意味:神秘的なさま。(出典:デジタル大辞泉)

アブノーマル
意味:人や社会のありさまが正常でないさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

不気味 (ぶきみ)
意味:気味が悪いさま。なんとなく恐ろしい気持や不安を感じるさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

無気力 (むきりょく)
意味:何をする気力もないこと。やる気のないこと。(出典:デジタル大辞泉)

妖異 (ようい)
意味:あやしく不思議なこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました