辛抱とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

辛抱

「辛抱強く我慢する」などのように使う「辛抱」という言葉。

「辛抱」は、音読みで「しんぼう」と読みます。

「辛抱」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「辛抱」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

辛抱の意味

「辛抱」には次の意味があります。

・つらいことや苦しいことをがまんすること。こらえ忍ぶこと。(出典:デジタル大辞泉)

「辛抱」は、もともと「心法」と書かれ、心を練り鍛える方法を意味する仏教用語でした。その語源から考えると、「辛抱」は自分自身をコントロールすることとも言えるでしょう。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・私は辛抱が足りない人間なので、嫌になるとすぐ会社をやめてしまった。
(出典:群ようこ『飢え』)

・相変わらず私は自分がこの上侮辱される事は辛抱が出来ないのですから。
(出典:伊藤野枝『成長が生んだ私の恋愛破綻』)

・それを誰よりもいつもひどく受けながら、辛抱づよく我慢したのだった。
(出典:ポー・エドガー・アラン『黒猫』)

・毎月三円宛残して年に三十六円、三年辛抱するとすれば百円の余にもなる。
(出典:石川啄木『天鵞絨』)

・たいていの者は辛抱しかねて、もとの古巣へ戻って来るのであります。
(出典:喜田貞吉『融和促進』)

類語

・堪える(こらえる)
意味:耐える。こらえる。がまんする。(出典:デジタル大辞泉)

・耐え忍ぶ(たえしのぶ)
意味:つらさや苦しさをがまんする。じっと辛抱する。(出典:デジタル大辞泉)

・堪忍(かんにん)
意味:肉体的な痛みや苦しい境遇などをじっとこらえること。我慢すること。忍耐。(出典:デジタル大辞泉)

・我慢(がまん)
意味:耐え忍ぶこと。こらえること。辛抱。(出典:デジタル大辞泉)

・忍耐(にんたい)
意味:苦難などをこらえること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました