解禁とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

解禁

「ズワイガニ漁の解禁」などのように使う「解禁」という言葉。

「解禁」は、音読みで「かいきん」と読みます。

「解禁」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「解禁」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

解禁の意味

「解禁」には次の意味があります。

禁止命令を解くこと。(出典:大辞林 第三版)

「解禁」は「法律などで主に時期的に禁止されている活動や食料の収獲を許可すること」です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・松葉蟹は解禁になっていたが、まだ身の入り方は本格的でなかった。
(出典:小松左京『空飛ぶ窓』)

・結局、ぼくは会議では手を挙げず、解禁日の対策を検討し続けた。
(出典:南木佳士『ダイヤモンドダスト』)

・キリスト教が解禁されたのは明治六年になってからであった。
(出典:宮原安春『軽井沢物語』)

・五月一日解禁ということで、早い者は午前零時を期してボートを出したという。
(出典:川本三郎『ちょっとそこまで』)

・が、家ではまだ娘にコーヒーを解禁してはいない。
(出典:新津きよみ『婚約者』)

類語

規制緩和(きせいかんわ)
意味:主に経済を活性化するために、政府や自治体が認可や届け出などの規制を緩めること。(出典:デジタル大辞泉)

口開け(くちあけ)
意味:山・磯などの共有地の利用の禁を解くこと。また、その日。(出典:デジタル大辞泉)

許可(きょか)
意味:法令により一般的に禁止されている行為を、行政機関が特定の場合に解除し、適法に行えるようにすること。(出典:大辞林 第三版)

撤廃(てっぱい)
意味:とりやめること。特に、それまで行なわれてきた制度、法規などを廃止して、施行をやめること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ディレギュレーション
意味:規制の緩和・撤廃。自由化。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました