親切とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

親切

「親切心」などのように使う「親切」という言葉。

「親切」は、音読みで「しんせつ」と読みます。

「親切」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「親切」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

親切の意味

「親切」には次の意味があります。

・ 相手の身になって、その人のために何かをすること。思いやりをもって人のためにつくすこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

「深切」と表すこともあり、「深」は思い入れの深い、「親」は親しいという意味を持ちます。
「切」が”心から”や”ひたすらに強く”などの意味から、思いやりが強く親身であることを意味します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・おそらく僕が君に親切じゃなかったか、君が僕にはそうだったからだよ。
(出典:林田清明『赤い婚礼』)

・同僚が彼女に変わらない親切な態度を見せてくれたのだった。
(出典:原田義人『城』)

・彼は今の自分にもっと親切な事を頭の中で考えなければならなかった。
(出典:夏目漱石『明暗』)

・わしのような人間が、どうしてあの子の親切を受けることができようか。
(出典:ド・ラ・ラメー・マリー・ルイーズ『フランダースの犬』)

・田舎の生活を避けたい第一の理由は、田舎の人のあまりに親切な事である。
(出典:寺田寅彦『田園雑感』)

スポンサーリンク

類語

思い遣りおもいやり
意味:他人の身の上や心情に心を配ること。(出典:デジタル大辞泉)

温情おんじょう
意味:あたたかで情け深い心。(出典:精選版 日本国語大辞典)

懇ろねんごろ
意味:心がこもっているさま。(出典:デジタル大辞泉)

心配りこころくばり
意味:あれこれと気をつかうこと。心づかい。(出典:デジタル大辞泉)

篤いあつい
意味:心入れの程度が大きい。いたわりの心が強い。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました