考察とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

考察

「こうさつ」と読みます。

「考察する」などと使われる「考察」という言葉。

「考察」は、レポートや論文、ビジネスシーンでよく使われる言葉ですが、どのような意味なのでしょう?

この記事では「考察」の意味や使い方について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

考察の意味

「考察」には次の意味があります。

物事を明らかにするために、十分に考えること。(出典:大辞林 第三版)

「考察」をわかりやすく言うと「調べた結果についてよく考え、答えを導き出す」というような意味になります。
また、ビジネスシーンや論文などでは「結果から結論に至るまでの流れを説明する」という意味があります。

具体的な使い方や例文は下記の通りです。

使い方・例文

・すでに説明済みの部分もあるが、いくつかの考察をこれに加えてみよう。
(出典:サド/澁澤龍彦訳『閨房哲学』)

・でも恐ろしさより真実を考察する興奮のほうが勝るので泣いてしまった。
(出典:姫野カオルコ『ほんとに「いい」と思ってる?』)

・科学は存在を全体として考察するのでなく、その特殊部門を研究する。
(出典:三木清『哲学入門』)

・私はその性質についても同様に重大な考察をしておかねばならぬ。
(出典:ワルラス・マリー・エスプリ・レオン『純粋経済学要論』)

・殺虫剤による水の汚染という問題は、総合的に考察しなければならない。
(出典:カーソン/青樹簗一『沈黙の春』)

・彼はもう自ら独立した考察を行うだけの力を有していなかった。
(出典:豊島与志雄『掠奪せられたる男』)

タイトルとURLをコピーしました