翻弄とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

翻弄

「運命に翻弄される」などのように使う「翻弄」という言葉。

「翻弄」は、音読みで「ほんろう」と読みます。

「翻弄」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「翻弄」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

翻弄の意味

「翻弄」には次の意味があります。

思うままにもてあそぶこと。(出典:大辞林 第三版)

「翻弄」をわかりやすく言うと、「相手をおもいのままに振り回したり、自分が相手に振り回されたりすること」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・いいように翻弄され、誰になにを訴えればよいのか混乱してしまっている。
(出典:鳥飼否宇『中空』)

・以前とは立場がまるで逆になり、私は彼女の言うがままに翻弄された。
(出典:半村良『赤い酒場』)

・学がありながら運命の手に翻弄されてきた男、という印象を全体から感じる。
(出典:ドイル・アーサー・コナン『蒼炎石』)

・そのざらざらしたものが、波打つように、彼の男性を翻弄するのである。
(出典:梶山季之『現代悪女伝・性の深淵』)

・しかしすぐ斃してしまっては曲がないので、長い間からかって翻弄する。
(出典:野上豊一郎『闘牛』)

スポンサーリンク

類語

弄玩ろうがん
意味:もてあそぶこと。(出典:大辞林 第三版)

手玉に取るてだまにとる
意味:手玉をもてあそぶように、人を思いどおりにあやつる。(出典:デジタル大辞泉)

弄ぶもてあそぶ
意味:好き勝手に扱う。楽しむかのように、思いのままに操る。(出典:デジタル大辞泉)

鼻面を引き回すはなづらをひきまわす
意味:他人を自分の思うままに扱う。(出典:精選版 日本国語大辞典)

振り回すふりまわす
意味:人を思うままに動かす。 (出典:大辞林 第三版)

タイトルとURLをコピーしました