瞑想とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

瞑想

「瞑想により精神集中する」などのように使う「瞑想」という言葉。

「瞑想」は、音読みで「めいそう」と読みます。

「瞑想」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「瞑想」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

瞑想の意味

「瞑想」には次の意味があります。

目を閉じて深く静かに思いをめぐらすこと。(出典:デジタル大辞泉)

特に、心を落ち着かせ祈りをささげるなど、宗教的な行為としてしばしば行われます。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・放っておくと、彼はいつまでもそのまま瞑想を続けているような様子だ。
(出典:水野良『ロードス島戦記 1 灰色の魔女』)

・その行為は瞑想へ入るための段階であり、手段でも方法でもなかった。
(出典:新田次郎『槍ヶ岳開山』)

・百合は大きく、瞑想に耽る異国の小さな動物のようにもったりしていた。
(出典:村上春樹『1Q84 BOOK2』)

・ここ数日来友人の許へも行かず、仕事が終れば瞑想に時を過す日が多い。
(出典:北条民雄『孤独のことなど』)

・だれが目撃したにしても、まるで深い瞑想にふけっているような姿だった。
(出典:フリーマン/大久保康雄訳『歌う白骨』)

スポンサーリンク

類語

黙想(もくそう)
意味:黙って考えにふけること。黙思。(出典:デジタル大辞泉)

沈思黙考(ちんしもっこう)
意味:沈黙して、深く考えること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

観照(かんしょう)
意味:主観をまじえないで物事を冷静に観察して、意味を明らかに知ること。(出典:デジタル大辞泉)

静思(せいし)
意味:静かに思いをめぐらすこと。(出典:デジタル大辞泉)

沈潜(ちんせん)
意味:心を落ち着けて深く思索すること。また、深く没入すること。(出典: 精選版 日本国語大辞典 )

タイトルとURLをコピーしました