眼下とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

眼下

「眼下に広がる世界」などのように使う「眼下」という言葉。

「眼下」は、音読みで「がんか」と読みます。

「眼下」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「眼下」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

眼下の意味

「眼下」には次の意味があります。

見下ろした辺り一帯。(出典:デジタル大辞泉)

高いところから見下ろしたときの視界を意味します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・すべての疑問は、峠に立ち眼下に広がる光景を目にした瞬間に氷解した。
(出典:宮部みゆき『ICO -霧の城』)

眼下の植物の変化によって、急速に赤道に近づいていることがわかった。
(出典:バローズ『火星シリーズ3 火星の大元帥カーター』)

・その波頭から、二人は同時に眼下の波くぼに長い船が一隻いるのを見た。
(出典:E・R・バローズ『石器時代へ行った男』)

・やがて眼下に一人の男と女がいましも森から姿を現わすのが目についた。
(出典:E・R・バローズ『創元版/ペルシダー・シリーズ(全7巻) 3 海賊の世界ペルシダー』)

眼下の地帯は戦争の影響をほとんど示しておらず、きわめて美しかった。
(出典:E・R・バローズ『創元初訳版/金星シリーズ(全5巻) 5 金星の魔法使』)

スポンサーリンク

類語

景色(けしき)
意味:観賞の対象としての自然界の眺め。風景。(出典:デジタル大辞泉)

眼前(がんぜん)
意味:目の前。まのあたり。現実。また、目の前にあること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

近景(きんけい)
意味:近くの景色。(出典:精選版 日本国語大辞典)

目前(もくぜん)
意味:目のまえ。まのあたり。眼前。時間的に、すぐ先に迫っていることにもいう。(出典:精選版 日本国語大辞典)

目の前(めのまえ)
意味:見ている前。まのあたり。目前(もくぜん)。眼前(がんぜん)。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました