相殺とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

相殺

「効果が相殺される」などのように使う「相殺」という言葉。

「相殺」は、音読みで「そうさい」と読みます。

「相殺」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「相殺」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

相殺の意味

「相殺」には次の意味があります。

差し引いて、互いに損得がないようにすること。帳消しにすること。また、長所・利点などが差し引かれてなくなること。(出典:デジタル大辞泉)

「相殺」についてわかりやすくいうと、貸し借りや損得について互いに差し引いて互いに消しあうことです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・塩以外に何もつけないから相殺されることがないからだ、といえる。
(出典:開高健『最後の晩餐』)

・今回のミスを相殺して余りある利益を局にもたらしてきたはずです。
(出典:高杉良『勇気凜々』)

・それをとがめられても相殺できるだけの、新しい要素が加わったのだ。
(出典:半村良『英雄伝説』)

・己が魔術を純粋な魔力で相殺されながらも、キャスターの微笑は崩れない。
(出典:奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』)

・市場が大きい、広告費は大量生産による生産費の引下げによって相殺される。
(出典:相馬愛蔵『私の小売商道』)

類語

帳消しちょうけし
意味:互いに差し引いて、損得がなくなること。ある物事によって、それまでの損得などの価値が失われること。(出典:デジタル大辞泉)

棒引きぼうびき
意味:貸借関係を終わりにすること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました