生殺与奪とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

生殺与奪

「生殺与奪の権利」などのように使う「生殺与奪」という言葉。

「生殺与奪」は、音読みで「せいさつよだつ」と読みます。

「生殺与奪」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「生殺与奪」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

生殺与奪の意味

「生殺与奪」には次の意味があります。

生かすも殺すも、与えることも奪うことも自分の思うままになること。(出典:デジタル大辞泉)

簡単に言い換えると、相手には主導権を与えないということになります。

よく耳にする生殺与奪の権は、生かすか殺すかを選択できることの権のことを表しています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・その意味で私はパードレの生殺与奪の権を握っていることになりますな。
(出典:倉橋由美子『アマノン国往還記』)

・このあいだの義詮の生殺与奪は一に彼の手の中にあったといってよい。
(出典:吉川英治『私本太平記』)

・なにしろ大名の生殺与奪を握っている相手だから、左内がこういったのは当然だ。
(出典:山田風太郎『叛旗兵』)

・私が動けなくなったら、生殺与奪の権は、もっぱらこの敵の手中にある。
(出典:養老孟司『涼しい脳味噌』)

・ 私はあの人に対する、生殺与奪の権を握ってしまったのです。
(出典:高木彬光『妖術師』)

類語

活殺かっさつ
意味:生かすことと殺すこと。(出典:デジタル大辞泉)

操縦そうじゅう
意味:人を思い通りに操ること。(出典:デジタル大辞泉)

活殺自在かっさつじざい
意味:生かすも殺すも思いのままであること。相手を思うままに扱うこと。(出典:デジタル大辞泉)

七縦七擒しちちょうしちきん
意味:相手を自分の思いどおりに自由自在にあしらうこと。(出典:大辞林 第三版)

手玉に取るてだまにとる
意味:手玉をもてあそぶように、人を思いどおりにあやつる。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました