無我夢中とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

無我夢中

「無我夢中で探し回る」などのように使う「無我夢中」という言葉。

「無我夢中」は、音読みで「むがむちゅう」と読みます。

「無我夢中」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「無我夢中」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

無我夢中の意味

「無我夢中」には次の意味があります。

一つのことに心を奪われて我を忘れてしまうこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

何かに集中しすぎて他のものが見えなくなることを言います。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・昨夜は無我夢中だったので感じなかったにしろ、いまは冷静なのである。
(出典:笹沢左保『地獄を嗤う日光路』)

・私はこの時期をのがしてはと思い、彼女と同じように無我夢中になった。
(出典:カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』)

・血で目が見えなくなっても、私は無我夢中でそれにしがみつこうとする。
(出典:高野敦志『漁火』)

・むしろ、最初の子の時は無我夢中だったというのが当たっているだろう。
(出典:林望『テーブルの雲』)

・この本に収めた文章を書いた頃は、私としてはまだ無我夢中の時代だった。
(出典:養老孟司『脳の見方』)

類語

専心せんしん
意味:心をひとつの物事に集中すること。他に心を移さないで励むこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

真剣しんけん
意味:まじめに物事に対するさま。本気で物事に取り組むさま。(出典:デジタル大辞泉)

専一せんいつ
意味:他を顧みないで、ある物事だけに力を注ぐこと。(出典:デジタル大辞泉)

耽溺たんでき
意味:一つのことに夢中になって、他を顧みないこと。(出典:デジタル大辞泉)

営営えいえい
意味:せっせと休みなく励むさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました