栄誉とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

栄誉

「栄誉を称える」などのように使う「栄誉」という言葉。

「栄誉」は、音読みで「えいよ」と読みます。

「栄誉」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「栄誉」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

栄誉の意味

「栄誉」には次の意味があります。

すぐれたものと認められる名誉。また、へりくだった表現として、敬うべき相手に対して、ある物事をすることの名誉。(出典:精選版 日本国語大辞典)

優れたものに与えられる輝かしい誉れや栄名を意味します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・長州が許されて、これに加えられるのは、破格の栄誉というのであった。
(出典:古川薫『桂小五郎(上)』)

・この私の命と栄誉にかけて命じる、この男は正午まで台に座らせておけ。
(出典:シェイクスピア/大山俊一訳『リア王』)

・世間的に十分に認められた栄誉ある一生を送ったわけではない。
(出典:阿部謹也『ハーメルンの笛吹き男 ――伝説とその世界』)

・国家的勇士としての栄誉と待遇をあたえるわけなんだろう。
(出典:谷譲次『踊る地平線』)

・かれはかつて強大国トゥルディス軍の総司令官の栄誉ある地位にあった。
(出典:リン・カーター『レムリアン・サーガ/ゾンガーシリーズ(全6巻) 3 邪神と闘うゾンガー』)

スポンサーリンク

類語

讃美(さんび)
意味:ほめたたえること。(出典:デジタル大辞泉)

名聞(めいぶん)
意味:名声が世間に広く聞こえているさま。世間での名声や評判。(出典:精選版 日本国語大辞典)

礼賛(らいさん)
意味:すばらしいものとして、ほめたたえること。また、ありがたく思うこと。(出典:デジタル大辞)

雷名(らいめい)
意味:高い名声が世間に響きわたること。広く世間に知られている評判。相手の名声を敬っていうのにも用いる。(出典:精選版 日本国語大辞典)

名誉(めいよ)
意味:人の才能や特定の技能などに関するすぐれた評判。よい評判を得ていること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました