jima3704

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句

氷山の一角とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

氷山の一角 「今回摘発された事件は氷山の一角にすぎない」などのように使う「氷山の一角」という言葉。 「氷山の一角」は、「ひょうざんのいっかく」と読みます。 「氷山の一角」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この...
ことわざ・慣用句

三度目の正直とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

三度目の正直 「今度が三度目の正直だ」などのように使う「三度目の正直」という言葉。 「三度目の正直」は、「さんどめのしょうじき」と読みます。 「三度目の正直」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「三...
名詞

地獄絵図とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

地獄絵図 「地獄絵図のような惨劇」などのように使う「地獄絵図」という言葉。 「地獄絵図」は、音読みで「じごくえず」と読みます。 「地獄絵図」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「地獄絵図」の意味や使...
未分類

水を得た魚とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

水を得た魚 「職場が変わってからは水を得た魚のようだ」などのように使う「水を得た魚」という言葉。 「水を得た魚」は、訓読みで「みずをえたうお」と読みます。 「水を得た魚」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この...
名詞

澄まし顔とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

澄まし顔 「写真撮影で澄まし顔になる」などのように使う「澄まし顔」という言葉。 「澄まし顔」は、訓読みで「すましがお」と読みます。 「澄まし顔」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「澄まし顔」の意味...
ことわざ・慣用句

腕を振るうとは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

腕を振るう 「料理の腕を振るう」などのように使う「腕を振るう」という言葉。 「腕を振るう」は、訓読みで「うでをふるう」と読みます。 「腕を振るう」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「腕を振るう」の...
二字熟語

安置とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

安置 「遺体を安置する」などのように使う「安置」という言葉。 「安置」は、音読みで「あんち」と読みます。 「安置」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「安置」の意味や使い方について、小説などの用例を...
二字熟語

懲戒とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

懲戒 「懲戒処分を言い渡す」などのように使う「懲戒」という言葉。 「懲戒」は、音読みで「ちょうかい」と読みます。 「懲戒」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「懲戒」の意味や使い方について、小説など...
名詞

御手並拝見とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

御手並拝見 「」などのように使う「御手並拝見」という言葉。 「御手並拝見」は、「おてなみはいけん」と読みます。 「御手並拝見」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「御手並拝見」の意味や使い方について...
ことわざ・慣用句

目の上の瘤とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

目の上の瘤 「うちの課の課長は目の上の瘤だ」などのように使う「目の上の瘤」という言葉。 「目の上の瘤」は、「めのうえのこぶ」と読みます。 「目の上の瘤」とは、どのような意味の言葉でしょうか? この記事では「目の上の...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました