暴走とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

暴走

「車が暴走している」などのように使う「暴走」という言葉。

「暴走」は、音読みで「ぼうそう」と読みます。

「暴走」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「暴走」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

暴走の意味

「暴走」には次の意味があります。

常軌や規則を無視して乱暴に走ること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

物事の状況などを考えずにむやみに進める際にも使います。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・どこかで今のカップルの発言に腹を立てたバカが暴走しているのだろう。
(出典:井上堅二『バカとテストと召喚獣 3.5』)

・警察の視界から逃げるのを楽しんで、暴走行為をしている可能性である。
(出典:初野晴『水の時計』)

・運転手のいない車が突然、暴走するという事故はあり得ない事ではない。
(出典:平岩弓枝『黒い扇』)

・きっと脚本家だから、こんなふうに言葉が暴走することがあるのだろう。
(出典:石田衣良『下北サンデーズ』)

・しかし、これで暴走族の背後に犯人の意志の働いていないことがわかった。
(出典:森村誠一『野性の証明』)

類語

獰猛どうもう
意味:性質が荒く乱暴であること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

トランス
意味:催眠状態やヒステリーの場合にみられる、意識が通常とは異なった状態。(出典:デジタル大辞泉)

短気たんき
意味:辛抱ができず、すぐ怒ったりいらいらしたりすること。(出典:デジタル大辞泉)

熱血ねっけつ
意味:あつくたぎるような血。また、熱烈な精神、意気。(出典:精選版 日本国語大辞典)

凶暴きょうぼう
意味:性質が残忍で非常に乱暴なこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました