晴耕雨読とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

晴耕雨読

「晴耕雨読をたのしむ」などのように使う「晴耕雨読」という言葉。

「晴耕雨読」は、音読みで「せいこううどく」と読みます。

「晴耕雨読」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「晴耕雨読」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

晴耕雨読の意味

「晴耕雨読」には次の意味があります。

晴れた日には田畑を耕し、雨の日には家にこもって読書をすること。
 悠々自適の生活を送ることをいう。(出典:デジタル大辞泉)

「晴耕」は「晴れた日に田畑を耕すこと」、「雨読」は「雨の日には家で読書をすること」を意味し、「晴耕雨読」は転じて、そのような悠々自適の生活を送ることを意味することもあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

晴耕雨読。三度固辞して動かず。鴎かもめは、あれは唖おしの鳥です。
(出典:太宰治『懶惰の歌留多』)

・晩年は晴耕雨読の境涯に入り、漢籍の素養が深かつた。(出典:伊丹万作『わが妻の記』)

・始め肥後宇土郡江辺えべ村に晴耕雨読の生活を送ること三十余年であったが
(出典:菊池寛『島原の乱』)

類語

悠々自適(ゆうゆうじてき)
意味:世間のことに煩わされず、自分の思いのままに暮らすこと。(出典:デジタル大辞泉)

自適(じてき)
意味:束縛を受けず心のおもむくままに伸び伸びと楽しむこと。(出典:デジタル大辞泉)

出世間(しゅっせけん)
意味:仏語。俗世間の煩悩(ぼんのう)から脱して悟りの境界に入ること。出世。
(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました