持て余すとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

持て余す

「暇を持て余す」などのように使う「持て余す」という言葉。

「持て余す」は、訓読みで「もてあます」と読みます。

「持て余す」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「持て余す」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

持て余すの意味

「持て余す」には次の意味があります。

取り扱いに困る。手におえないで困る。(出典:大辞林 第三版)

「持て余す」をわかりやすく言うと「うまく対処ができなくてわずらわしい」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・昭二が大きな両手を持て余すように身体の脇に下げて、滋子を見ていた。
(出典:宮部みゆき『模倣犯 下』)

・今あたしが暇持て余してるわけじゃないのは知っての事だろうね?
(出典:虚淵玄『鬼哭街』)

持て余すくらいなら製造しなければいいのだが、そこが人間である。
(出典:夏目漱石『吾輩は猫である』)

・私の隣の席で、二十代半ばと思われる女性が、同じように時間を持て余していた。
(出典:柴門ふみ『恋愛の法則36』)

・部長は二十五歳も齢が下の奥さんのことを、持て余しているのか?
(出典:神崎京介『禁忌』)

スポンサーリンク

類語

厄介やっかい
意味:扱いに手数がかかり、わずらわしいこと。(出典:デジタル大辞泉)

迷惑めいわく
意味:どうしてよいか迷うこと。(出典:大辞林 第三版)

困惑こんわく
意味:どうしてよいかわからなくてとまどうこと。(出典:大辞林 第三版)

疎ましいうとましい
意味:好感がもてず遠ざけたい。いやである。(出典:デジタル大辞泉)

鬱陶しいうっとうしい
意味:邪魔になってうるさい。煩わしい。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました