拝見とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

拝見

「はいけん」と読みます。

「拝見しました」などと使われる「拝見」という言葉。

「拝見」はよく耳にする言葉ですが、どのような意味なのでしょう?

この記事では「拝見」の意味や使い方について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

拝見の意味

「拝見」には次の意味があります。

見ることをへりくだっていう語。つつしんで見ること。(出典:大辞林 第三版)

「拝見しました」で、「相手に失礼だとわかった上で、書類やメールなどを見たことを伝える」というような意味になります。
また、「拝見」は「見る」の謙譲語になり、ビジネスシーンで上司や取引先などに、よく使われる言葉です。

具体的な使い方や例文は下記の通りです。

使い方・例文

・ ここ数日のお姿を拝見する限りでは、もう一つよく解わかってなさそうだが。
(出典:谷川流『涼宮ハルヒの消失』)

・ 私、あなたの日記を拝見して、あの人にとても興味を持ってしまったの。
(出典:ストーカー/平井呈一訳『吸血鬼ドラキュラ』)

・でも、一目でもあなたのお姿を拝見してから帰ろうと思いましたのでね。
(出典:イプセン/矢崎源九郎訳『人形の家』)

・お手を拝見すると、右のほうがたっぷりひと回りは左より大きいですね。
(出典:ドイル『赤髪組合』)

・じつはあのお写真を拝見しまして、非常に貴重な資料だと感じました。
(出典:東野圭吾『幻夜』)

・車掌が列車に入って来て、乗車券を拝見させて頂きますと言った。
(出典:泡坂妻夫『折鶴』)

タイトルとURLをコピーしました