押印とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

押印

「押印済み」などのように使う「押印」という言葉。

「押印」は、音読みで「おういん」と読みます。

「押印」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「押印」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

押印の意味

「押印」には次の意味があります。

印を押すこと。(出典:デジタル大辞泉)

「記名押印」を省略した言葉で、署名や記名のない場所に判を押すことを表します。

具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

押印のためには使用局へ直接赴くか、事前に郵送で依頼する必要がある。

・このような場合は社寺が用意している一枚物の紙に押印して貰える場合もある。

・目の前には、押印のすんだ離婚届を入れた白い封筒が置かれている。
(出典:赤川次郎『死者は空中を歩く』)

・同項では、契約書に署名又は押印のある契約は成立が推定される。

・中には、紙などを差し込むことで電動で押印・印字されるスタンプもある。

類語

・捺印(なついん)
意味:印判をおすこと。また、おした印影。(出典:デジタル大辞泉)

・押捺(おうなつ)
意味:判などを押すこと。(出典:デジタル大辞泉)

・捺す(おす)
意味:印判などを押しつけて形を写す。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました