愛想笑いとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

愛想笑い

「愛想笑いで誤魔化す」などのように使う「愛想笑い」という言葉。

「愛想笑い」は、訓読みで「あいそわらい」と読みます。

「愛想笑い」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「愛想笑い」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

愛想笑いの意味

「愛想笑い」には次の意味があります。

人の機嫌を取るための笑い。(出典:デジタル大辞泉)

自分の気持ちや意見には関係なく、周りに合わせて笑顔を振りまくことです。相手に気を遣いたいときや、自分自身を魅力的に魅せたいときなどに愛想笑いが有効だと言われています。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・真はなぜか申し訳ない気持ちになって愛想笑いを浮かべて、廊下に出た。
(出典:入間人間『電波女と青春男 SF(すこしふしぎ)版』)

・得意先の社員のつまらない冗談を聞いて、愛想笑いを返したりする時だ。
(出典:原田宗典『人の短篇集』)

・いつもの私なら、それらの全てに手を振ったり愛想笑いを返したりもする。
(出典:竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 7 皆殺し編』)

・園子は私の背中で、奥様や御主人に向って大いに愛想笑いをしたらしい。
(出典:太宰治『十二月八日』)

・すべて金のためと自分にいいきかせ、愛想笑いをしていたに違いない。味噌汁を盗んだ芙美子はひどい自己嫌悪に陥る。
(出典:群ようこ『飢え』)

類語

おべっか
意味:ごきげんをとること。また、その時の巧みなことば。(出典:精選版 日本国語大辞典)

諂う(へつらう)
意味:人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。(出典:デジタル大辞泉)

阿諛(あゆ)
意味: おべっかをつかうこと。相手の気に入るようなことを言ったり、そのような態度をとったりすること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

媚びる(こびる)
意味:他人に気に入られるような態度をとる。機嫌をとる。へつらう。(出典:デジタル大辞泉)

胡麻を擂る(ごまをする)
意味:他人にへつらって自分の利益をはかる。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました