情けは人の為ならずとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

情けは人の為ならず

「情けは人の為ならずなので、積極的にボランティアに参加してみましょう。」などのように使う「情けは人の為ならず」という言葉。

「情け」は、訓読みで「なさけ」と読みます。

「情けは人の為ならず」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「情けは人の為ならず」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

情けは人の為ならずの意味

「情けは人の為ならず」には次の意味があります。

・「ため」は目的や理由を示すことばで、つまりこの慣用句の意味は、「情けは、相手の幸福を目的としてかけるものではなく、巡り巡って自分の幸福につながるものだから、かけておいた方がよい」ということ。(出典:とっさの日本語便利帳

「情けは人の為ならず」は、「情けをかけることはその人の為にならない」とする説もありますが、現在では誤りとされています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

情けは人の為ならずの使い方・例文

情けは人の為ならずというから、ここは大目に見てやろう。

情けは人の為ならず、今回だけは勘弁してやる。

・情けは人の為ならずとはいうものの、貴さまだけは許せん。

類語

片棒を担ぐ(かたぼうをかつぐ)
意味:計画に加わって協力する。荷担する。(出典:デジタル大辞泉)

・還元(かんげん)
意味:物事をもとの形・性質・状態などに戻すこと。(出典:デジタル大辞泉)

・巡り巡って(めぐりめぐって)
意味:多くのところを巡っていって。巡り続けて。(出典:デジタル大辞泉)

・恩を売る(おんをうる)
意味:相手からの感謝や見返りなどを期待して恩を施す。(出典:デジタル大辞泉)

・後押しする(あとおしする)
意味:助力すること。後ろだて。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました